スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジングにおけるナイロンラインの可能性!(第二回)

勝手に自己満足コラム「アジングにおけるナイロンラインの可能性!」の二回目!



まず「コラム」とは、本題以外の記事、個人的な分析・意見が含まれた記事のことですので、間違っている部分も大いにあると思いますし、自分自身の「仮説」のようなものですので、気になさらず読み飛ばしてください(笑)



過去記事 アジングにおけるナイロンラインの可能性!(第一回)



アジング、それも陸から近いところで比較的小さいアジを釣るアジングは、軽量ジグヘッドで一瞬の小さい当たりを捕らえていく釣りが主流となっています。



そのために専用ロッドやライン、ジグヘッド、ワームなどアジングに特化した製品が近年数多く作られるようになりました。
アジはエサと疑わしいものは何でもかんでも一旦口に入れて、エサでないと判断したらすぐに吐き出す習性があると聞いたことがあります。



その吸い込んだとき、もしくは吐き出した時のルアーの動きをライン、ロッドが当たりとして伝えて一瞬でフッキングさせることが今のアジングと言われています。



そのため、近年は高弾性なティップが備わった反響感度のよいロッド(いわゆるパッツン系)に、同じく当たりをダイレクトに伝える伸びの少ないライン(エステルやPE)が多く使われるようになりました。



ジグヘッドについても、吐き出す際に口の中に掛かりやすいオープンゲイブや刺さりが良い細軸フックがアジング用として数多く店頭に並んでますよね。



特に最近は、ジグヘッド一つとっても、メバル用なのかアジ用なのかが明確に分かれてきました。









アジはフォールに反応することが多いため、こういった専用タックルでアジのいるレンジでルアーをフォールして誘い食わせることが多く、地域にもよりますが、ルアーは1g前後のジグヘッド単体、あるいはその時に反応により0.5gといった超軽量ジグヘッドを使用することも珍しくありません。



そのような軽量ジグヘッドが海の中でどのような動きをしているか、潮琉でどのような状態になっているかなど、アジを釣るためには、まずはジグヘッドの存在自体がわからなければならないとされていますが、これが慣れていなかったり、汎用性の高いタックルであったり、気候等の影響で非常に難しいところです。



そういう意味でも、タックル、技術、経験が大きく釣果を左右するのがアジングでしょう。



ではアジングを極めた者でしかアジは釣れないか。



アジングより乗せを重視するメバリングロッドではアジは釣れないか。



答えは釣れます。







DSCN2755_convert_20141114160639.jpg



メバリングでアジを掛けた人は多いと思いますが、リトリーブしているジグヘッドにアジがかかった場合、巻いている最中でしたら、反響感度が鈍いメバリングロッドでも魚がかかった当たりは当然伝わってきます。



では、フロートリグなどであまりテンションがかからずに漂わせているような場合では?



これも釣れます。



決して、吸い込んだり吐き出したりした繊細な瞬間の当たりを捕らえたのではなく、魚がかかって暴れて伝わってくる比較的大きな当たりを感じて。



つまり、吐き出した瞬間に勝手にアジが自ら口内で針先を引っかけてしまってフッキングした場合



こうなると、釣ったではなく釣れたということになりますが、アジが吸い込んで吐き出すまで数秒、早ければ1秒未満でと言われていますが、これを誰もが瞬時にかけていっているのだろうかと考える時があります。



それは自分はアジングが苦手だからと言うことなんですが(;’∀’)



このことは、実はアジングに精通している方々から聞いた話でもありますが、かかりやすいアジング用ジグヘッドのおかげで、わずかに引っかかりアジが外そうと暴れる動きが当たりとして伝わっている場合が多いとのこと



アジが自らフッキングの第一段階を行っており、その挙動を当たりとしてキャッチし、合わせることでフッキング成功と言うこと。



こうなると、当然アジが吐き出す際にフックを引っかけている程度ですので瞬時に追い合わせをしないとすぐにばれてしまうことになります。



「おー!ショートバイト!」「当たったけど乗らなかった!」と感じることはありますが、ショートバイトの中には、一旦きっちり口の中に入ったにもかかわらず、アジが自ら行う第一段階のフッキングが外れた後で合わせているので乗らなかったという場合も大いにあるように思います。



つまり、剛腕アジンガーは別として、自分のような「なんちゃって」では、吸い込んだり吐き出したりする時のジグヘッドの挙動だけでは当たりがとれていない。



それでも当たりとしてとらえてアジを釣っているということは、ある程度アジングとはジグヘッドに助けられたオートマチックな釣りなのかもしれない。



そこを瞬時に感じとってフッキングを成功させないと数は伸ばせないということであり、そのためのアジング専用タックルであるのではないでしょうか。





DSCN3055_convert_20150115183523.jpg






こんなんでも、釣りブログランキングに参加しています。

クリーンな1ポチを(笑)



ポチっとお願いします

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

アジングにおけるナイロンラインの可能性!(第一回)

先日、アジングであるラインを使う機会がありました。



表示強度は、平均3ポンド、ウルトラライト用のラインです。



カテゴリー的には、モノフィラメントライン(単糸)







14-DSC_3428.jpg



フロロでもエステルでもありません。






な、な、なんと、新しいモノフィラライン登場!





ではありません(笑)







ナイロンラインです(*´∀`)



ナイロンラインと言えば、本当に長い歴史のあるポピュラーな素材



「釣り」とともに歩んできたと言っても良いでしょう。



ただ、ソルトルアーフィッシングにおいては、特殊なシチュエーションを除き、メインラインとして使用している人は、私が知らないだけかも知れませんが、見たことがありません。



ナイロンラインの特性、イメージは、価格が手ごろ。



そして、しなやかで巻き癖がつきにくく、リールへの収まりが良い。トラブルが少ない。



ビギナーでも扱いやすい。



特にナイトゲームでトラブルが少ないのは優位なことです。



そして適度な伸縮性が急激なショックを吸収してくれる、つまり魚をばらしにくい。



ただ、この適度な伸縮性が小さな魚の当たりも吸収してしまうので、繊細な当たりを瞬時にかけていくことが主流のアジングスタイルには向いていないということなんでしょう。



PE、フロロ、エステル、それぞれの特性があり、アジングにおいて、いろんなシチュエーションで使い分けている方も多いと思います。



ラインを沈めなくてはいけないとか、遠投して小さな当たりを確実に取らなくてはいけないとか・・・



ナイロンラインは、トラブルが少なくビギナー向けとの印象がありますが、感度が重要で小さな当たりをとらえて掛けていくアジングにおいて、それとは間逆なイメージのナイロンラインの特性を生かしたアジングのシチュエーションってどんなの?



そんなのあるの?



ナイロンラインでアジは釣れるの?!







14-DSCN2960.jpg



この日は、寒波の冷たい雨の後で、河川がらみのポイントでは、急激な水温低下で激渋の状況でした。



隣でPEで小さな当たりをキャッチしながらも、なかなか掛けることが出来ないアングラーの横で



アジング素人の私でもなんとかかんとか釣れました。



これは、ナイロンが扱いやすいという特性以外の特性とその日の状況がマッチした結果かもわかりません。



もし、そうだとすると、扱いやすいビギナー向けということしか考えられなかったメリット以外に、アジングの幅が広がる何かしらのメリット、特性があったのかもしれません。



答えは正直、まだわかりません。



仮説の域は超えてませんが、いろいろ考えている最中です。



また、自分なりの考え、体験を交えて後日書いてみたいと思います。




というわけで、完全自己満足的な「アジングにおけるナイロンラインの可能性!」シリーズ化決定です(*´∀`)




不定期ですが






14-DSC_3441.jpg





こんなんでも、釣りブログランキングに参加しています。

クリーンな1ポチを(笑)



ポチっとお願いします

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

寒波の合間に壁ドンアジング(*´∀`)

爆弾低気圧で大変なことになってます(´Д`lll)



本当に今シーズンは、数日~数週間荒れる日が続き、1日だけおさまり、翌日にはまた低気圧の影響が出てくるの繰り返し・・。



今週は月曜日に久しぶりに一日だけ風が落ちました。



ちょうど友人カップルがアジングに出ているようなので、お邪魔させてもらうことに!



熱々カップルなので、いちゃいちゃして、壁ドン♪なんてしてたら、どうやって近づこうかといろいろ考えながらポイントに向かいましたが






14-tumblr_nex3vv5hy81tdkr1so1_1280.jpg










黙って2人で釣りしてました(笑)







14-PhotoEditor_14186737493275.jpg



小潮から長潮に変わり、タイドグラフを見てもあまり潮が動かない模様



状況は、数匹は釣ってましたが、予想どおり潮が動かず、前日まで続いた寒気の影響もあってか、反応はすこぶる悪いとのこと・・・



と、ここまで書くとブログを良く読まれている方なら、「やっぱり渋かった」で終わるか、「おぉぉ!爆釣!しかも良いサイズ」のどちらかやと勘繰るんものですが、結果から言いますと、爆釣ではありませんでしたが、良いサイズも数尾混じり楽しませてもらいました。



頻繁に当たりがあるわけではなく、またアジ独特の吸い込んで瞬時に吐き出すような明確な当たりではなく、ほんのたまに押さえ込むような当たり



ちょうどガシラがワームをそっとくわえ込んだときの様な違和感(・ω・)?



「ん?試しにあわせてみる?」って感じであわせると思った以上に良いサイズ!



抜きあげると太い体高で胸がキュン♪となりました(〃∇〃)








14-10858414_584002758399043_5134145208191028603_n.jpg


このドキドキ感・・・



ひょっとしたら女子がオラオラ系に壁ドンされた時の気持ちってこんな感じ?(〃∇〃)










14-20141009113745_NXjNDCu8.jpg



ちょうど風もなかったので、極細PEライン(Rapala RAPizm-X)の0.09号を使用!



渋い状況下こそ、小さい当たりをダイレクトに感じることが出来るPEライン、それも風や潮流の影響を受けにくいように出来るだけ細いラインを使用することで海の中の軽量リグの存在を感じ取ることができるのは、かなりアドバンテージと感じました。









14-DSCN3059.jpg




「当たりもなくなったのであと数投でやめよう」と思うと釣れるって感じで、なかなか辞め時が見つけられないまま、小さい当たりを取っていくアジング!



壁ドンのように癖になります(*´ω`*)キュン♪








14-fd7d7979.jpg






14-DSCN3061.jpg



こんなんでも、釣りブログランキングに参加しています。

クリーンな1ポチを(笑)



ポチっとお願いします

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ボートアジングで試行錯誤!検証の余地ありです(´ω`*)♪

月曜日、堺のシーマジカルさんでボートアジングへ行ってきました( ゚∀゚)






14-DSCN2937.jpg



14-DSCN2945.jpg



この日は、先週日本列島を覆い尽くした寒波もひと段落、風もなく釣り日和…釣り人にとってはね!



一方、海の中はと言うと、寒波中の冷たい雨の影響で河川にからむポイントでは、一気に5℃水温が下がったところもあるとのお話Σ(´Д`lll)



魚に取って例え1~2℃でも急激に水温が変化することはかなりのダメージと聞きますが、それでも活性が高い時間帯はフォールでもちゃんと反応して食ってきてくれました。



でも潮がゆるむと途端に反応が消え、ボトムに張り付いたままじっとしているようです。



特に最後に入ったポイントは一級ポイントですが、モロに河川がからんでいるため、低活性が顕著にあらわれていました。



時たまある小さい当たりも、活性が低い場合、力強く吸い込まず、ほんの口先に一瞬くわえてすぐに吐き出すイメージ



瞬時にあわせても、なかなか乗らない。(あくまでも自分のイメージですので真相はわかりません。)



アジは、エサかどうか疑わしいものは一旦吸い込んで、判断してエサでなければすぐに吐き出しますが、シビアな状況で、例えば当たりを取ろうとラインテンションを掛け過ぎているなどした場合、くわえた瞬間に違和感を感じて吐き出すとか。



当たりがあるけどかけられない…これはこれで面白いんですが、何とか攻略したいとあれこれ試行錯誤



結果として、それが正しかったのかどうか今後検証の余地ありありですが、何とか釣ることが出来ました。







14-DSCN2960.jpg



アジングの経験値も低い私自身が釣れたのだから、まんざらでもないかも(・∀・)



また機会があったら検証して答えに結びついたらアップできたらと思います。






14-DSCN2977.jpg




こんなんでも、釣りブログランキングに参加しています。

クリーンな1ポチを(笑)



ポチっとお願いします

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村









RAPALA RAPizm-X 0.09号極細ライン インプレPart2!

先ほどブログ記事の下書きが終わり、あらためて読み返すと、講釈ばかりの記事になっています。



ゲスさなし!(笑)



おまけに基本的なことばかりですので、なんとも面白みのない内容となっていますが、ご了承ください<(_ _ )>




前々回にアップしましたウルトラライトゲームに特化したNEWラインRAPizm-X



その中でも0.1号を切った0.09号(コードネーム ゼロゼロナイン?)の使用について、自分なりに感じたことをちょっと紹介!



前々回記事 「RAPALA RAPizm-X 脅威の0.09号極細ライン インプレ!」



その前に普段使っているウルトラライトゲーム用のラインについて



RAPINOVA-X MULTI-GAME(ラピノヴァ エックス マルチゲーム)0.3号とSufix 832 ADVANCED SUPER LINE(サフィックス832 アドバンスド スーパーライン)0.2号とを状況に応じて使い分けています。



ラピノヴァに関しては、使用されている方は多いと思いますが、とにかく強く安心して使い続けられるラインで、どのようなシチュエーションもそつなくこなすライン、これを選んでおけば間違いなしって感じです。



一方、サフィックス832は、ゴアを編み込んだラインで、こちらも非常に強いラインですが、特に根ずれなどに強い!



そして、このゴアの比重によりサスペンドラインとなっていて、ジグヘッド単体などで使用すると、ジグヘッドの重みで“スーー”っとラインが水中に吸い込まれていくような感じで、当たりの伝わりやすいラインです。



両方とも、デカメバルから不意のシーバスまで対応できる万能ラインです。



しかし、これらはメバリングなどのリトリーブ主体の釣りで大きな威力を発揮しますが、より軽量なジグヘッドをフォールさせ、当たりを瞬時にキャッチするためには、より細いラインが有効であることから新たに生まれたのが、11月頃に発売予定のRapala RAPizm-X。


ラパラホームページ
http://www.rapala.co.jp/r-line/RAPizm-X/rapizmx.html


特に、0.09号(4LB)に関しては、アジング専用と言っても良いラインです。





14-1414067198461.jpg


パッケージには「エキスパートモデル」と記載されていますが、細ければ細いほど扱いにくいことから、釣りに慣れたエキスパート向きという意味ではありません。(と思います。)



決して扱いにくいラインではなく、今まで0.2号や0.3号を使用してきた方なら違和感なく使用できます。



より細いラインでアジの当たりを的確にキャッチするために、それに特化した道具に妥協しないエキスパート向きという意味だと思います。



そしてもうひとつ、これらの極細ラインの特性を熟知した使用方法が行えるエキスパート向けという意味もあるのでしょうか。



いくら、引っ張り強度が強いPEラインですが、ここまで極細になると、PEのメリットも感じられますが、またその逆も・・。



PEは、根ずれに弱いもの



ある程度の太さのPEラインですと、ちょっとテトラにこすったりしても、多少は大丈夫なときもあります。



しかし、極細ラインとなるとこの辺は顕著に現れます。



当然、シチュエーション、ターゲットによって使用するラインのメリット、デメリットを見極めてラインを選ばなければいけません。



ロックフィッシュを狙う場合は、根ずれはつき物ですし、強引に根から引き剥がさなければいけませんので、そのような場合は迷わず、ラピノヴァ、サフィックスを



また、PEは熱に弱いものです。



リーダーとの結束では、唾液などで濡らしながら絞め込みます。



これは絞め込むときに発生する熱を和らげたり、滑りを良くしてしごくことで発生する熱を和らげるためです。



ある程度の太さのPEですと適当にやっても誤魔化しがききますが、これまた極細ラインですと、摩擦系ノットの場合は特にシビアにしなければ、逆に熱でダメージを受け絞め込もうとすると切れたりします。



これは製品が弱いのではなく、あくまでも誤魔化しがききにくいという意味でもエキスパートモデルってことなんでしょう。



と言っても、本当に基本的なことを守れば問題なし。



十分に湿らせて、じっくりと絞め込む。



ハーフヒッチなど、PE同士がすれて摩擦が発生する作業は一気に「キュッ!」っとするのではなく、やわらかく巻きつけて、締める瞬間だけ同じくじっくり!



これさえ気をつければ、FGノットも組めます。





14-DSCN2546.jpg


FGノット・・・細すぎて、なかなかピントが合いません(汗)



でも、もっと言えば、ここまでの極細ラインで狙う魚であれば、最強ノットを組まなくても、もっと簡単なノットでも大丈夫ということも言えます。



例えば「電車結び」やもっと簡単に結束しようと思えば「3.5ノット」なんかでも、時間もかからず、神経を使わなくても安定した強度が出る場合もあります。



特に最近、目が悪くなり、見えにくいので(汗)



かなり以前にブログで紹介したことがありますが、ダイワからこのようなものが出ています。




BLOG2160.jpg


「速攻8の字むすび」



元々、極小チチワ用ですが、ダブル八の字結びにも利用でき、すばやく結束ができる隠れた便利グッズです。


速攻8の字むすび”を使った簡単リーダーシステム(ダイワ)



あと、極細ラインで気をつけること!



それは、キャスティング!使うリグの重量によって、キャスト方法を意識することです。



これも今までラインの太さでカバー出来ていたのかも知れませんが、重めのリグ・・・5グラムのメタルジグなんかを垂らしを取らずスナップでピシュッとバス投げすると、ジグは後ろに飛んでいきます(笑)



下手したら、ティップ破損などにもつながりますので、ラインの太さに関係なく、重めのリグは、たらしを取り、遠心力でしっかりとバットに乗せてたキャスト(ペンデュラムキャスト)を行えば、脅威の飛距離が体験できるものと思います。





14-DSCN2552.jpg


ラパラジャパンのホームページには、「RAPizm-X特設ページ」も用意されていますので、一読すれば、非常に参考になると思います。



それと、釣り雑誌でも、特性などが紹介されていましたので、本屋で立ち読み(笑)




13255.jpg


13256.jpg




講釈ばかりのネタにお付き合い、ありがとうございました<(_ _ )>





こんなんでも、釣りブログランキングに参加しています。


クリーンな1ポチを(笑)




ポチっとお願いします

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
プロフィール

タコちゃん

Author:タコちゃん
ライトルアーフィッシングやエギング、オクトパッシングから投げ釣りまで食材探しの旅に出ています。

釣研 第2回釣りブログコンテスト
釣研 第2回釣りブログコンテスト








blogram投票ボタン


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
過去記事
月別アーカイブ
検索フォーム
メールお待ちしてます!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問いただき<(_ _ )>






お気に入り
オススメ♪
RSSリンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。