スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな大好き!タチウオくーんヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪ 

大阪湾、この時期の風物詩と言えば、みんな大好き!タチウオくん♪



各波止、テトラ帯ではタチウオ釣りの人で賑わいます。



私の記憶が確かなら、8月、時には7月には釣れだしてたと思うんですが…。



神戸方面では、早くからあがってましたが、大阪泉南方面では、さっぱり音沙汰なし、9月に入り、やっとまわってきてくれましたヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪



てなことで最近の大阪泉南方面のタチウオの近況を書いてみたいと思います。




釣れだした頃、指2本が多い中、たまに4本、5本、それ以上のサイズも出たと景気のいい話もヾ(´^ω^)ノ♪



某フィッシングマッ●スで指5本の情報が出ましたが、その次の日、人も多いやろうと覚悟して様子を見に行くと、案の定・・



平日の夕方前と言うのに、既に満車で駐車できないほど(,,'Д')



ちょっと場所を変えてなんとか、駐車して、釣り場へ




広大なフィールド、時間も早かったこともあり、難なくポイントに入れましたが、準備をしていると次から次へと人が来て、あっという間に満員御礼です!



自分もその一人なんですが、毎年思うんですが、どんだけタチウオ好きやねん!って感じですね(笑)




日も暮れ、いよいよ「夕ダチ(ゆうだち)」の時間です。【以下参照】




ゆう‐だち〔ゆふ‐〕
1.夏の午後に降る激しいにわか雨。雷を伴うことが多い。白雨(はくう)。

2.夕マヅメの時間帯に接岸した太刀魚が本格的に活性が高まる時間帯に狙う太刀魚釣り。ルアーやテンヤなど機動力のあるアイテムでいち早くタナとパターンをつかめれば、数釣りも可能。

3.夕方、男性自身が勃●する現象のこと。

-国語辞書(大辞泉)より引用-



周りでもちょこちょこ釣れだしてきましたが、サイズは小さい



それよりも気になったのは、大きな群れでの回遊ではなく、ごく小さないくつかの群れが回って来るって感じですかね



時間が来れば端から順番に竿が曲がっていくような爽快感はありません。



まあ、釣れだしたのが遅かったと言うことで、今後に期待です!




この日は、多い人で1人10本くらいでしたが、ほとんどが指2サイズ、その中に1~3匹ほど指3~4が混じると言った様子でした。



私のこの日のキープは、もう帰ろうかと思ったくらいに出た指4本弱のみ







DSCN1304.jpg




だいたい19時30分ごろには、ルアーで狙われている方々は、引き上げますので、釣り場も空きます。



タチウオ狙いの楽しみは、時合に一気に釣れる楽しさもありますが、時合が終わって、ちょくちょく回って来る群れをどう攻略するか!って楽しみもありますが、ここ最近は、本当に群れと言うより、数匹単位で行動してんかって感じですので、面白さに欠けるってのが正直なところです。




そして週の後半の状況はと言うと・・



一昨日は、相変わらず人がいっぱいやのに、確認されたタチウオは指2が3本程度



昨日にいたっては、0匹(´;ω;`)




朝マヅメも様子を見に行きました。



いわゆる「朝ダチ(あさだち)」ってやつです。【以下参照】



あさ‐だち【朝立ち】. [名](スル)
1.朝、家を出ること。朝早く旅立つこと。「―して昼までに目的地に着く」

2.政治家などが、朝の通勤時間帯に、駅前などの人通りの多いところで演説をすること。

3.朝、男性が目覚めた際に、陰●が勃●している現象のこと。正式名称は夜間陰茎勃起現象。

4.(朝立)朝方に降る雨。→夕立

5.明け方から朝マヅメにかけて再び太刀魚の活性が高まる時間帯に狙う太刀魚釣り。時合いは夕方より短めで、日の出とともにあっさりと終わることが多い。

-国語辞書(大辞泉)より引用-



青物狙いで、薄っすらと空が明るくなる頃に投げ出すと、結構タチウオが釣れますが、いることはいるのですが、朝ダチもイマイチな感じです。



ちなみに私は朝ダチどころか、四六時中、勃●!(*´д`*)ハァハァ




(o゚Д゚)=◯)`3゜)∵アホカーー!




イマイチなタチウオくんと比較して、好調なのは、ツバスちゃーん









DSCF7519.jpg

HIT LURE STORM 五目ジグ(40g)




私は、あまりよう釣りませんが、結構、あがってるのを目撃します。



これは私が行った時間帯やポイントでの話ですので、エリアすべての状況とは言えませんので、参考と言うことで((ゝд・)




ところで、タチウオと言えばワインド、ワインドと言えばタチウオ。



実績もあるので、タチウオ狙いはワインドが良く釣れますが、最近はめっきりワインドをしなくなりました。



一番の理由は・・・シャクリ続けることがしんどい(,,'Д')



まあ、常にシャクリ続ける必要もないんでしょうけど、最近、一番多く登場してるのは、Rapala Snap Rapです。






DSCN1150.jpg




基本的な使い方は、数回シャクって、リトリーブもしくはフォール!



後方のウィングの形状のおかげか、リトリーブではゆっくり泳がせることも簡単ですので、アピールからの食わせの間が取りやすい。



それに蓄光タイプは、ヘッドライトの光をちょっと当てるだけで、ぼんやり光ってくれるので、暗くなってからもバイトが続き、楽に釣れると思ってます。








DSCN1302.jpg



ただし、今使ってるのは8センチ24グラムのタイプですが、シャクり上げるには少々ルアーの背中が平たいので水の抵抗が大きく、バッドの強いロッドでなければ、かえってしんどいかもしれません。



6センチ9グラムのタイプもありますが、使ったことがないし、ウェイト的に飛距離やアクションで、どうなのかわかりません。




今回はいたって真面目で国語の勉強にも役立つブログとなりました(* ゚ー゚)∩



今後とも青少年の学力向上、健全育成に寄与できるようなブログにしていきたいと思います!







こんなんでも、釣りブログランキングに参加しています。

「相変わらず、おまえアホやな!」って思われた方は1ポチを(笑)


ポチっとお願いします

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

【紀北タチウオ釣行】ショボい自分を再発見(*´’Д’):;*.カハッ

少し前から紀北では太刀魚が釣れていると聞いてましたが、やっと時合いの夕方に行ける日があったので、様子見に行ってきました。



数は少ないようですが、出れば指4本級らしい!



でも、ここでの全盛期は終盤、だいぶん落ちてきているとの噂も(´д`ι)



今日の太刀魚ゲットの相棒は、この子らです!








DSCN1150.jpg

Rapala Snap Rap(8センチ 24g)



アイスジグでおなじみJigging Rapの大人版(笑)



中型フィッシュイーターをターゲットにした投げるアイスジグ



目が、かなり戦闘モードですw



勝手にモニタリングしてきましたw




日暮れが近づくにつれ、人が増え続け、等間隔に並びだします。



隣との距離は、遠からず近からずの暗黙の了解の距離(・д・)



その絶妙な距離は、後から来た釣り人に対する無言のプレッシャー・・気弱な私なんか、出遅れてたら、到底よう入りません(汗)



それでも、ずら~っと並んでいる中、明らかに自分の左隣の隙間に入ろうと近づく釣り人の姿を発見するやいなや、若干左向いてキャストしてアピール(威嚇!)



まぁ、そんな事しても、あっさり隣に入られるんですが・・。



結局、心の狭い自分を垣間見ただけでした(´ノω;`)




さて、日も暮れ、いよいよ雰囲気が出てきました。









DSCN1166.jpg



そんな時に、隣の釣り人が竿を曲げている。



そう、絶妙な暗黙の了解の距離×1/2の隣がです!



やっぱり、こうなるんやな~とネガティブな自分を発見してしまう( ;∀;) ウヒャ…




しかし、見てると、太刀魚独特の締め込みもあまりなく、ゴミを引っ掛けただけのような様子を見て




はは~ん、レジ袋やな~( 艸`*)ププッ




って、いやしく、ほくそ笑む自分を発見!




上がってきたのは、やっぱりレジ袋




ではなく、太刀魚!



しかも指4本




(゚∀゚;)




今の太刀魚って、そんなに引かないのね~



落胆する新たな自分に出会えました(´;ω;`)ウゥゥ




さて、気を取り直して、再開!



しばらくして、少し離れたところで同サイズが1本上がったのを確認したくらいで、次々と竿が曲がるって訳でもなく、かすかに何かが当る・・かするって感覚の方が近いようなのが数度あるくらい。



気付けば完全に日没で、次々と納竿して帰路につく人が増えてくる。



白い方のSnap Rapは、蓄光タイプなので、ヘッドライトの光を当てるだけで、ボヤ~と光ってます。



表層付近まで、スローピッチで数回シャクりあげて、巻かずにルアーの自重でスローに泳がせる。



“ふっ!”っていう小さい当りに“ビシ!”と合わせて、Hit!!




寄せてくる途中でバレた?って思うほど、引かないけど、これが4本・・いや、日も完全に落ちてから回って来る太刀魚は、サイズもデカいかも知れない。



リールを巻きながら




きっと、今




ドヤ顔してるんちゃうんv(´・∀・`*)vィェィ♪





タイミングを合わせて抜き上げると・・



指3本(´Д`).∴カハッ









DSCN1170.jpg



辺りでは人も少なくなっていて、おまけに暗くなっていたので



ドヤ顔、見られずに助かった~(-∀-`; )



その後、F3を1本、追加して終了としました。




今の太刀魚はあまり高速アクションには、反応が悪いようですが、夏からの高活性な太刀魚シーズンには、簡単に多彩なダートアクションでリアクションバイトを誘えるSnap Rapが活躍してくれることでしょう




しかし、今回は、マイナス志向のいろんな自分を再発見できました(・∀・i)タラー・・・




さあ、いよいよゴールデンウィークですね♪



各地では魚より釣り人のほうが多いんちゃうん?って状況でしょうけど、私は後半に3日間の連休となりますので、なに狙うか思案中です!






DSCN1175.jpg









こんなんでも、釣りブログランキングに参加しています。

クリーンな1ポチを(笑)


ポチっとお願いします

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ツルッツルの銀ピカ( ノo)コショッ

まずは、金曜夜の結果から・・・
















s-DSCF4922.jpg

Panasonic ポケットDoltz(ドルツ)




金夜は、仕事場のボーリング大会&飲み会でした♪



ボーリング大会の景品です(・∀・)アヒャ




携帯型コンパクトロッドではありません




アーバンライフをおくる私にはピッタリなスタイリッシュ音波振動ハブラシ、OLには大人気商品です(笑)




このポケットDoltz、毎分16,000ブラシストロークの微細な音波振動により・・・(以下、省略)





使ったことありませんが、使ってる人いわく、本当に“ツルッツル!”になるらしい




今までみたいな、単なるローター的な電動ハブラシではなく、音波振動!




たぶん、「ほんまにこれで磨けてるん?」って磨いた感はないんでしょうけど、手で磨くより、きっちり磨けるらしい(。 ・ω・))フムフム





さて、土曜夜は、ホゲリ菌のリハビリに行ってきました(゚∀゚)



日中、ずっと雨が降ってましたが、夜10時の出撃の時には雨も上がり、どうやら、おてんとう様もリハビリに協力してくれたようです(//▽//)ポッ



今回は、最初っから雨降ってても朝マズメまで撃ち込むつもりの気合で準備してたんですが、降ってないにこしたことはない。



ターゲットはシーバス、回ってくればタチウオも釣れるかも知れませんが、信頼のM●X情報(え?)でも最近、このあたりではいい話を聞きません。



タチウオは、朝マズメに期待することにしましょう!



さて、釣り場は雨の影響と全然釣れてないからでしょうか、端から端まで貸し切りです(゚∀゚∩



スレ掛かりも含めて(笑)、ここで実績の高いRapala MAX-RAPをひょろひょろひょろ~とテトラ際を泳がせます。



近くまで泳いできたルアーの真下からシーバスが反転した!!



しかし、それ以来、姿を出してくれませんでした。




惜しい~っす ε-(o´_`o)




独り占めの釣り場を移動しながら、同じようにテトラ際を中心に泳がせると小さい“コツン”




(*´-ω・)ン?




潮もだいぶん下げているし、かなりテトラ際



タチウオの可能性も低いでしょうな~ってことで、もう一度同じように、ひょろひょろひょろ・・・





HIT!!





バシ!っとフッキングと同時に、エラ洗い( ;´=ω=)o))アタフタ




なんとかフックアウトは逃れました!




暗闇にも目が慣れた頃なので、飛び跳ねた魚体を一瞬で確認




ベイトが少ないのか、ちょっとスリムですが、体長60~70センチ程のきれいな銀ピカ!



まるでポケットDoltzの音波振動で磨いたほどのツルッツルな銀ピカ♪













s-DSCF4893.jpg


かなりスリムな銀ピカシーバスです(;´-∀-`)ゞ




水面直下のスレ掛かりで、バシ!っと合わせたため、海面に飛び出てしまったのがエラ洗いの真相のようです




太刀魚のエラ洗い風(?)にも問題ない最強3点スレフッキングでした。





その後も、まったく同じように、ほぼ干潮のテトラ際をゆっくりひょろひょろひょろ・・・











s-DSCF4895.jpg


で、今度はちゃんと口に!



手返しが悪かったんか、群れが小さいのか、レンジを変えたのか(レンジ変えようにも、シャローなので変えれませんが)、2匹で終了~




また、ちょい場所移動でシーバス再開



シンキングミノー(Rapala CD-9)でちょっとレンジを下げてトロトロトロ~




“コンっ!”でタチウオ追加(手返し重視で写真なし)




同じようにトロトロトロ~



また“コンっ!”



4匹目でやっとF3.5・・・で、また2匹で終わり




このまま朝マズメに向けてちょこちょこ数が伸ばせそう~って思ってたら、雨が




合羽は、持って来てますが、歩いて10分ほどかかる所に




で、本降りになり、やっと合羽のところに到着した頃には、ずぶ濡れ・・あれほど雨でも朝マズメまで粘る決意やったのに、心、折れちゃいました(苦笑)





s-DSCF4903.jpg




翌日もシーバス&タチウオで出撃しましたが、シーもタチもまったくの無反応、また、いつもの静かな海に戻ってました。




ってことは、前日、濡れながらでも粘ってたら





タチウオ10匹







いや・・






100匹は、いってたかもですね~(笑)









(´-ω-`) シーン






くだらない文章にお付き合い、ありがとうございました<(_ _)>





s-DSCF4910_2.jpg













釣りブログランキングに参加しています。

応援していただける場合はホゲとよろしくお願いします

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ほら、チャリンって言わないでしょ(ll゚∀゚)

前記事で、萌え萌えブログチェンジング!




次回記事までの期間限定と言いつつ・・・





期間延長します!




案外、気に入ってたりして(;´∀`)ァリャリャ




さて、ここ数日、一気に秋が深まりまくりです。急に気温が下がるとほんまに寒いです。



最近、夕方に風が吹くことが多く




チャリングdeシーバス!行ってきました。




タチウオ浮き釣り集団を避け、離れたポイントへエントリーしましたが、すぐに同じくタチウオ浮き釣りを避けようと移動しているワインド集団(3人)がこっちへ向かってくる。



手前で竿を出してくれ~と思いながらも、確実にこちらへ向かってきて、案の定、私の隣へ順番にエントリー



まぁ、海は誰のものでもありませんが、キャストしたワインドが戻ってきて、足元のテトラに根がかりしないようにライトをつけて確認しながらピックアップ




シーバス、こりゃ~ダメだわ~(ノェ`*)アチャー




遠くのタチウオの浮きも波でたまに一瞬沈むだけで、隣のワインドも反応なし、当然シーバスも反応ナッシング



しばらく、まったりとした時間が過ぎ、浮きの一つが「ポコっ」と明らかに違う沈み方をしたような・・・



タチウオ回って来たんなら、またルアー持っていかれるかも~



MAXRAP(Rapala)持って行かれたら、痛いぞ~




と、思ってたら、すぐにゴン!!



乗った!



タチウオか!



いや、明らかにそれ以上の重み



時おり、暴れてるのが伝わってきますが、タチウオ独特の絞り込みもなく、重さで言えば、シーバスに近いか!



でも、走らんし、魚体が受ける水の抵抗だけが感じ取れるような・・





お約束の







どてっ腹スレフッキング(´艸`)アラマァ


DSCF4611.jpg

Rapala MAX-RAP13





ってことで、急遽タチウオング開始です。




今回は、殉職防止タチウオ用ワイヤーも持って来てますし、ワインドも持ってきてます。




すぐにタチウオアタック!



久しぶりの口元フッキング成功です(笑)










DSCF4605.jpg

Maria コンドルヘッド+TRIGGER X ムンムンシャッド


私は、普段ワインドは、やっぱりシャクリやすく、しっかりと動いてくれるエギングロッドを使いますが、シーバスロッドでは、ティップがしなやかゆえ、なかなかうまくダートしないし、ちょっと長い分、シャクリにくい。



そんな時は、ただ巻きだけで、そこそこアピールしてくれるシャッドテイルのワームをよく使用してます。




ひと時のプチラッシュ、5バイト4キャッチ1ポロリ




確認できる限りですが、どうやら、私と遠くの浮き釣り師さん1人だけが当りがあったようで、隣のライトつけたりしてるワインダー3人に当たりなし




すごく気持ちいい~優越感!

(けど、あんまり優越感にしたってたら、次回は逆の立場なりそう・・)



と言うことで、その後タチウオもシーバスも当りがなく、終了しようかと思った頃、ちょっとやんちゃな高校生くらいの若者2人が、ちょっとうるさいスクーターでやってきて、ダベリング




途中で「なに釣れるんですか?」 「タチウオやで」



そんな話もしながら、帰り支度を始める頃には、1人、また1人と増えていく・・。



帰り支度を終えた頃には少年たちは5~6人に膨らんでおり、そのうち「ええ木の棒、探してきたで」とスクーターでまた1人登場



タチウオの入ったレジ袋を持ちながら、少年たちの近くにとめているチャリへ



すると、2人の少年が、近づいてくる(ll゚∀゚)




木の棒で殴られる?



タモ網で応戦か!





少年「あの~」



タコ「す、すいません。金目の物はありませ~ん。ほらね、ジャンプしてもチャリンチャリン言わないでしょ」



少年「あの~」



タコ「あ!あ!この袋?あ、これ?ギンギラ光ってるけど、これ、金目のもんじゃないんです~。一応、サーベルフィッシュとも言うけど、本物のサーベルじゃないし」



少年「あの~小さい魚とか、釣ってたら1匹、もらえませんか?」



タコ「へ?」



少年「僕ら、これから、魚焼いて食べたいな~って思って・・・魚焼くための木も探してきたし・・」



タコ「さ、魚・・・小さい魚はないけど、これでよかったら」




と、タチウオを渡すと



少年「ほ、本当にいいんですか~ありがとうございます。おじさん!」



タコ「(お、おじさんって・・・) ちゃんと、食べたってや」




と、こんなことがありました。




新手のカツ上げ?(;´∀`)




急な気温の変化などで、体調を崩さないようにお気をつけくださいませ!





釣りブログランキングに参加しています。

応援していただける場合は萌えポチとよろしくお願いします

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ごく最近の泉南タチウオ事情(夕マズメ編)

まず、はじめに・・・


今回は、いつも以上に低俗でくだらない書きっぷりになっています。


最初に謝っておきますm(o´・ω・`o)mペコリン





本格的にシーズンインと某M●X釣果情報でにぎわっている泉南タチウオ、サイズがイマイチなのは、仕方ないとして、場所やその日によって、かなりムラがあるようで、他の方のブログなどを拝見してても、夕マズメに一瞬の時合い、短時間で一切音沙汰なくなり、その後、回ってこない、どうやら最近のパターンのように感じてます。



実際に、私も何度か夕マズメから入りましたが、時合い10分ってとこでしょうか。


1度は、リーダーを切られ、組み直しているわずかな時間の間に、時合い、終わってました( ;´=ω=)



その時合い10分でタチウオの居場所をつかみ、いかに手返しよく釣るか!



今日、仕事を定時で終え、日がまだ高いうちにポイントに向かう。



何本か、潮目が複雑に走っている。



キャストしても、ちょっと届きませんが、それでもその中で一番、陸に寄っているところに陣取る。



ルアーを取りやすいところにセット!







DSCF4482.jpg



問題


以下の文章を読んで、(  )の中に、3つの選択肢から適切なものを選びなさい。



1.まずは、効率よく釣っていくために、テトラの上で(   )を行った。




kenkou.jpg

①健康づくり




DSCF4481.jpg

②巣づくり




kodukuri.jpg

③子づくり









答え ②巣づくり





2.まだ日が高いうちからスタートフィッシング、まずは(   )にて、ブルブルとボトムもしっかりと引く。






vib.jpg

①バイブレーション




natsuyasumi.jpg

②サマーバケーション




master.jpg

③マス●ー●ーション








答え ①バイブレーション





3.すっかり、日も暮れ、当たりもなく、夕マズメの時合いも過ぎ去ったころ、潮目が若干、近づいてきている。しかし、ワインドでは届かないため、1オンスの(   )にて、潮目に向かって遠投




hevymeta.jpg

①ヘビーメタル




DSCF4483.jpg

②メタルジグ




koutetsu.jpg

③鋼鉄ジーグ


※鋼鉄ジーグ…昭和50年から昭和51年までテレビ朝日系で毎週日曜日に放送された、原作:永井豪・安田達矢とダイナミック企画、製作:東映動画によるロボットアニメ。サイボーグ化した主人公が変形した頭部パーツに、磁石の力で体の各種パーツが合体して巨大ロボット化するというコンセプトが特徴的(古っ!( ゚∀゚;))








答え ②メタルジグ





4.一旦、底を取り、2回ほどしゃくり上げた後のフォールで(   )と当たりがありました。




gaga.jpg

①ガガっ!





gugu.jpg

②ググっ!





gogon.jpg

③ゴゴン!







答え 別にどれでもいいです(笑)






DSCF4491.jpg

STORM Thunder Jig (1OZ)




ここで、感がいい方は、うすうす気づいているかも知れません。



無駄にグダグダ、話を引っ張っている。



そうです。釣果は、18時~21時まで粘って



このF3が1本のみでした(;´゚∀゚`)タラー・・




今日は、本当に夕マズメラッシュもなく、群れから離れた1匹がたまたまメタルジグを見つけてくれたような感じ



ちなみに、仕事場の後輩2人も、今日、同じ時間帯に別の場所へ入っていましたが、“時合い7分”やったらしいです。



それでも、1人は5匹、1人は3匹やったので、場所によって、ちゃんと夕マズメの時合いは、短いながらあるようです。(ただし、サイズがお持ち帰りできないほどやったらしいです。)



実際に、某M●X釣果情報を見てても「貝塚人工島、またまたタチウオ持込み」とか、タイトルだけ見てたら、「おっ!」と思いますが、2匹だとか、3匹だとかが多いように思います。




これが、最近の泉南夕マズメ太刀魚事情のようです。



ちなみに夕マズメ編と言いつつ、次、朝マズメ編は、ありません(謝)



(注意)あくまでも個人的に感じている状況であり、うまい人、別の時間帯、場所が変われば、もっと活性が高いのかも知れません。


何とぞ、ご了承くださいませ<(_ _)>





釣りブログランキングに参加しています。

応援していただける場合はポロリとよろしくお願いします

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

タコちゃん

Author:タコちゃん
ライトルアーフィッシングやエギング、オクトパッシングから投げ釣りまで食材探しの旅に出ています。

釣研 第2回釣りブログコンテスト
釣研 第2回釣りブログコンテスト








blogram投票ボタン


カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
過去記事
月別アーカイブ
検索フォーム
メールお待ちしてます!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問いただき<(_ _ )>






お気に入り
オススメ♪
RSSリンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。