Rapala ラピノヴァX エギングライン巻き巻きの巻w

せっかく明日休みやのに、雨だけならまだしも



強風のため出撃断念でございます(´;ω;`)ウゥゥ




で、話、変りますが・・




お誕生日、おめでとう~ ヽ(*´∀`)ノオメデト─ッ♪




ありがとう~ (人´∀`)アリガトー♪





わたくしごとですが、昨日、誕生日でした♪



自宅の豪邸に各界の著名人をはじめ、ブログでからませていただいている皆さまをお招きして、バースディパーティーを盛大にひらこうと計画していました。



お越しいただいた方には



純金製(純度99.999%)のオリジナルジグヘッドと同じく純金製ポッパー



オリジナルエギ(シンカーとカンナはもちろん純金、下地の金テープは、金ぱくを使用)のセットをお土産に持って帰っていただこうと思ってたんですが、



残念ながら、スケジュールが合わず、断念いたしました(*-ω-)



ちなみに純金製オリジナルポッパーは、トッププラグのくせに、純金の塊ゆえ、超ファーストシンキングで一気に着底!



おまけに底を“ドドドドー!”ってズル引きしか出来ません。



根がかり多発するようですので、深度調整ハイテクメカ内蔵純金製オリジナルポッパーを開発中です。



別に純金の塊が根がかりロストしても痛いことも痒いこともありませんが、やはり海の中にルアーを残すのはね~(*-ω-)



あ!それとフックは純銀製でしたが、なにせ純銀は柔らかいので、伸ばされないようにダイヤモンド削り出してフック作成中です。




うん十うん歳を迎えて・・




いまだ中学生並みの思考でございます(´д`ι)





さて、自分への誕生日プレゼントでエギング用ラインを交換しました。



釣りネタがないので、ラインのインプレでごまかす(。-`ω´-)キッパリ!!



っていうか、インプレって、お前、誰やねん!(・∀・i)




今まで巻いていたラインは、「安かろう、悪かろう」をくつがえしたハイコストパフォーマンス&高性能・高品質でおなじみかどうか分かりませんが、ラパラ ラピノヴァX









PEラインとの出会い・・・話せば長くなりますが、エギングを始めて、初めてPEラインと出会い・・・(長くなるので途中省略)



今までのナイロンやフロロと比べ物にならない値段に、いつも安物のPEを買っていましたが、なにが原因なのか、ライントラブルも多く(扱いが下手なだけですが)、根がかりすると結構な確率でPEの部分で切れることが多く、エギロスト多発(結束が下手なだけですが)



その後、中の中から中の下くらいの庶民派PEを使うようになり、ライントラブルはなくなりましたが、それでも根がかりではエギの回収率は低かった。



こんなもんやと思ってましたが、そこで発売されたラピノヴァX



これに変えてから、ロストは激減。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。



少々の根がかりでは、ラインが切れず、エギが帰ってくるようになりました。



どうしてもガッツリ根がかったときでも、切れるのはスナップ部分、結束部でのライン切れはなくなりました。




大きな理由は、リーダーとの結束が徐々に上手くなったんやと思います。



でも、それ以上に明らかに回収率がアップしたのは事実



一般的に0.6号ラインで8lb程度、0.8号ラインで10lb程度でしょうか



ラピノヴァは13.9 lb に17.8lb



0.6号でも一般的な0.8号より強度があるんですから、この差が大きいんやと思います。



ただ、若干、他のラインと比べて太いように思いますので、その分強いと言うのは、当たり前かもしれませんが、さほど気にならない太さの差です。




強度を出しているのは、ダイニーマ100%の4本編みというスペックでしょうか。通常、この価格帯ですと、3本編みとか純粋なPEじゃないのも多いと思います。



同じ号数で強度を増すか、風などの影響、プレッシャーを抑えるために、同じ強度でラインを細くするか!




そんなこんなで、今ではエギング用、シーバス用にこのラピノヴァを巻いていましたが、今回、ラピノヴァエギング専用ラインが出ていたので巻き巻きしました。






2012_06_08_00_24_29.jpg









何が変ったのか?




まず、今までのタイプが緑一色やったカラーが、白にオレンジのマーキングで視認性アップ





BLOG6067.jpg




それと、エギングに最も最適な張りを持たせる特殊コーティングが施されているらしい。




で、早速、使用感を試しに行ってきました。




使った感じですが、以前のラピノヴァよりソフトな使用感になっていました。




元々このライン自体の使用感は、結構、張りのあるラインです。



この張りに関しては、リーリングした際、ラインローラーの部分で若干のゴリゴリ感があるように感じますが、私は特に気にはなりません。




ちなみに元々のラピノヴァXを有名人で例えると










yonekura.jpg

イメージは米倉涼子(深い意味はありません)




で、その米倉涼子的な張りが、適度に抑えられていました。



これがエギング専用ラインの味付けなんでしょう




と、言いたいところですが、特に春烏賊の場合、前のラピノヴァの方が良い場合もあると感じることも




答は、自分がテクニックがないってことになるんですが、アタリの伝わり方が、前までは張りがある分、よりダイレクトに感じ取れてましたが、ソフトになると、ちょっと鈍ります。



じゃあ、エギング専用ってどうよ?ってことではなく、特にデイエギングなどで、いわゆる「ラインでアタリを取る(目でラインの動きや糸ふけ方でアタリを取る方法)」場合、エギの重みで“す~”っとラインが入っていくことや、“ふわ~”とふけることは、重要やと思います。



それにエギが自然にフォール姿勢を保つためにも、しなやかさこそ、エギングラインの真骨頂なんでしょう。




けど、私は、春烏賊はディではよう釣りません。



ナイト専門ですので、目でラインを確認できません。(夜にライトをつけてラインを見ている方もいらっしゃいますが・・)



常に一定のテンションをかけておく必要がありますので、より張りのあるラインの方が小さな“モソっ”としたアタリや藻に乗った“モソっ”と言う感覚が伝わりやすい。



両方“モソっ”なので合わせてしまいますが( 艸`*)



と言っても、微妙なレベルなので、慣れるでしょう。



その分、エギの動きがより自然になっているでしょうし、あくまでも「前のラインと比べたら」と言うことです。



先日はVARIVASアバニエギングラインも使いましたが、こちらはシルキーなしなやかさ、非常に扱いやすいラインで、確実にラピノヴァエギングラインの方が張りがあります。




そういう意味でも、ラピノヴァエギングラインは、適度な張りとしなやかさ、一番中間的なエギング用ラインの仕上がりになっているっていえるのでしょう。




私は、張りがもう少し欲しい場合やサスペンドラインにしたい場合は、ラインに金ぱくのコーティングするつもりです(嘘)




あ、恒例の有名人で例えると



VARIVASアバニエギングラインは






kaitou.jpg


皆藤愛子♪



ラピノヴァX エギングラインは









ishihara.jpg


石原さとみ♪




ちなみに、メバリング用で巻いているSufix832は、例えるなら








tominaga.jpg


冨永 愛♪



って感じでしょうか。




ライン選びは、好みや人それぞれのフィーリングに合うか合わないかで、大きく変わると思います。



あなたなら、どの子を・・いや、どのラインがお好みですか?




あくまでも個人的な感想ですし、間違った理解をしているかも知れませんし、庶民派価格のPEの話ですので、その辺はご了承くださいね(*m_ _)m



でも女性タレントに例えたイメージも私の個人的なものですが、意外と真剣に考えましたけど(笑)






で、




肝心の烏賊ですが・・



ラインを試しに行っただけですんで、当然、烏賊は釣れてません。



いや、あえて釣りませんでした。



釣ってやらなかったって表現の方が正解かな・・。








彡(-ω-;)彡ヒューヒュー








こんなんでも、釣りブログランキングに参加しています。

クリーンな1ポチを(笑)


ポチっとお願いします

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村




釣研 第2回釣りブログコンテストにエントリーしています。

皆さんもエントリーしませんか!

釣研 第2回釣りブログコンテスト
釣研 第2回釣りブログコンテスト

スポンサーサイト



テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

タコちゃん

Author:タコちゃん
ライトルアーフィッシングやエギング、オクトパッシングから投げ釣りまで食材探しの旅に出ています。

釣研 第2回釣りブログコンテスト
釣研 第2回釣りブログコンテスト








blogram投票ボタン


カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
過去記事
月別アーカイブ
検索フォーム
メールお待ちしてます!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問いただき<(_ _ )>






お気に入り
オススメ♪
RSSリンク
QRコード
QR