スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水難事故の現場に遭遇して・・。

昨晩は久しぶりにメバル調査でも・・・



と、向かう途中に海辺に大量の赤いパトライトがクルクル回ってました。




事故か



ケンカか




やじ馬もそこそこ集まってました。



でもそれ以上に警察、消防の車両や警察官、消防隊員の数もすごいし、車両も特殊な車両が並んでる。



レスキュー車や特殊工作車、クレーンがついた消防車両、水難救護車などなど













kako-2qd7bhX2yegNIcgT.jpg

※画像は、エフェクト処理してます。



「水難事故?」



近くにいたやじ馬に聞くと



「たぶんそうやろね」










kako-pHbBw5dS2OnvxAO5.jpg




釣り人なのか、はたまた自ら・・・



助かったのか絶命したのかもわかりません。



釣りするには足場がいい場所です。



が、逆に言うと、落水したら上がりにくい場所、テトラなら落ちても比較的上がりやすいですけど。(でも落ちるときに怪我しやすいとも言えますが)



このような場面を見ると、あらためて釣りが趣味の人は、「明日は我が身」



胸くらいまで高さのフェンスが立ち上がってる場所で釣りをしない限り、いつも付きまといます。



もし自分が落水したら・・・背中に寒さが走りました。



昨晩は、その光景を見て、気乗りしなかったのでそのまま帰宅・・。



私は、真冬に海に落水したことも、テトラから落ちたこともあります。



テトラを歩いていて、思いのほか足が上がっていないのか、つま先が引っかかり、ドキって摺る時が最近あります



年は取りたくありませんね~( ;´=ω=)



気をつけるようにしてますが、それでも慣れてきたらあまり気にもせず、そしてまたつまずくの繰り返しです。




私みたいな、単なるいち釣り好きが言うのもなんですが、落水と背中合わせ、万が一に対応できる準備が必要ですね。



ライジャケ着用は当然ですが、初めてのところは、落ちた場合、どこから上がれるかは確認するようにしてます。(いくらテトラ帯は上がりやすいって言っても、オバケテトラは無理です)




このように災害、事故現場の写真撮ること、そしてブログアップすること自体、賛否はあると思いますが、ちょっとでも身を引き締めるために、そして記事を読んでいただいた方に、少しでも感じていただけるものがあるならと考え、画像アップしました。



この記事を読んでいただけた方には、いろんな境遇の方がいらっしゃると思います。



読んで、嫌な気持ちになった方がいらっしゃいましたら、手直しするなり削除するなりしますので、ご連絡ください。




爆風もおさまり、寒さもやわらいでいたのも、つかの間、昼を過ぎてから急に寒くなりました。



これから木曜日ころにかけて全国的に真冬の寒さとなるようです。



天気予報で言ってましたが、これはシベリア付近にある高気圧の影響で、この寒気がおさまると、来週には更に一段と厳しい寒気がやってくるそうです。



このシベリア高気圧は、冬の間、膨れたり縮んだりを繰り返すようで、肺の動きに似ていることから「アジアの冷たい肺」とも呼ばれているそうです。



寒気をいっぱい肺にためて、一気に日本列島に向けて吐き出す(汗)









1217tenki.jpg



ちょうどクリスマスの時期に重なるため、いわゆるクリスマス寒波になりそうですが、外出が多くなる時期です。



風邪なんかひかないように、お気をつけてくださいませ( ´ω` )ノ








DSCN0097.jpg





こんなんでも、釣りブログランキングに参加しています。

クリーンな1ポチを(笑)


ポチっとお願いします

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : 釣り全般
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

危険


釣りと言えばファミリーでの釣りなども一般的ですし、手軽で安全に楽しめるようなイメージがありますが、テトラの釣りや夜釣りなどは非常に危険な気がします。
私は実際に落ちたり落水したりの経験はありませんが、転んでケガしたりヒヤッとしたことは何度かあります×
釣りで亡くなられる方も結構居られるようですし、備えをしておく必要はありますよね。
私も来年くらいからライジャケ導入を考えてます(^_^)

No title

ソルトルアー界や、船釣り界、沖磯や沖堤では、ライジャケが一般的になってきましたが
その他の釣りではまだまだライジャケ着用率がひっくいですよね。
特に、「ボートのバス」以外の淡水ですね。
TV放送のプロの方もライジャケは着ないですからね。
普及率が上がる事を祈っております。

あと、着方を間違ってるやつ。
膨張式ライジャケの点検はしっかりね~。
いざって時、膨らまないですよ~。。
磯場やテトラ帯で膨張式は破れるので意味ないですよ~。。(説明書にも書いてあるはず)
紐はきっちりしましょうね~。


長文失礼しました。

017さん

> 釣りと言えばファミリーでの釣りなども一般的ですし、手軽で安全に楽しめるようなイメージがありますが、テトラの釣りや夜釣りなどは非常に危険な気がします。
> 私は実際に落ちたり落水したりの経験はありませんが、転んでケガしたりヒヤッとしたことは何度かあります×
> 釣りで亡くなられる方も結構居られるようですし、備えをしておく必要はありますよね。
> 私も来年くらいからライジャケ導入を考えてます(^_^)




私は小さい頃、テトラでした。

基地作ったり、雨に濡れてページが引っ付いた落ちてるエ○本を見たりw

全然怖くないですが、過信して落ちたり転けたりで、特にテトラではライジャケつけるようになりました。

最近ではブログやテレビの影響で増えて来てるので抵抗も少なくなってると思いますし、気持ちが引き締まります(^o^)

でも、釣果はかわりませんけど(^^;

かじやんさん

> ソルトルアー界や、船釣り界、沖磯や沖堤では、ライジャケが一般的になってきましたが
> その他の釣りではまだまだライジャケ着用率がひっくいですよね。
> 特に、「ボートのバス」以外の淡水ですね。
> TV放送のプロの方もライジャケは着ないですからね。
> 普及率が上がる事を祈っております。
>
> あと、着方を間違ってるやつ。
> 膨張式ライジャケの点検はしっかりね~。
> いざって時、膨らまないですよ~。。
> 磯場やテトラ帯で膨張式は破れるので意味ないですよ~。。(説明書にも書いてあるはず)
> 紐はきっちりしましょうね~。
>
>
> 長文失礼しました。




え?かじやん・・ですか?

えらい真面目に語っていただいてますが、かじやんの名前を名乗った別人ではないでしょうね(^^)

へ~バスはプロでもつけない状況ってあるんですね

ソルトは界隈のプロスタッフやテスターさんのおかげで徐々に普及してきたと思います。

膨張式はコンパクトですけど、それ以上に膨らむのか確かに心配(^^;

買ったまま何年もそのままです。

それより本当に私でも浮くのか(・・;)

今後も浮く必要のないことを祈るばかりです・・試しに押さないでねw

落ちた方の安否が気になりますが・・・。
私も何度か落水しかけたり、波で身体が浮いたりという経験をしました。
直後は気をつけるんですが、時間が経つとついつい油断してしまいます
安全第一で遊ばないといけませんね。

No title

何度もスンマセン。
バスとかのルアーよりも
鮎師、渓流師、ボートでダムの釣りのヘラ師、ワカサギ・・・・等々

淡水の餌師の方(プロ含む)はライジャケを着ないようです。
岡っぱりのバスアングラーも着ないようですが・・・。。

上記のような釣りなんて、都会のメバリングとかアジング等よりよほど危険な気がいたしますが・・・・
やったことない釣ばかりなので、なんとも言えませんがね・・・・。。

いかがなもんでしょう???


タコドンさんのブログの影響力で、すべてのの釣り人がライジャケを着用する事を祈っております。。

No title

ほんと怖いですね。
夜の単独釣行はより気をつけないと。
無事に帰れてこそ、楽しい釣りが成立するんですから無理は控えないとですね。

かじやんさん

> 何度もスンマセン。
> バスとかのルアーよりも
> 鮎師、渓流師、ボートでダムの釣りのヘラ師、ワカサギ・・・・等々
>
> 淡水の餌師の方(プロ含む)はライジャケを着ないようです。
> 岡っぱりのバスアングラーも着ないようですが・・・。。
>
> 上記のような釣りなんて、都会のメバリングとかアジング等よりよほど危険な気がいたしますが・・・・
> やったことない釣ばかりなので、なんとも言えませんがね・・・・。。
>
> いかがなもんでしょう???
>
>
> タコドンさんのブログの影響力で、すべてのの釣り人がライジャケを着用する事を祈っております。。




バスでウェーディングしてるアングラーもライジャケなしって人が多いと聞きます。

ウェーダー着たまま、こけて中に水が入ると、どうすることも出来ないまま、水深が浅くても十分危険な状態になるそうですね。

そんな時は、瞬時にナイフでウェーダーを切らなアカンって聞いて、ウェーディング時はナイフは常備してます。

オフショアで投げ出された経験のあるかじやんが言うなら、その危険度合い、十分あると思います。

て言うか、やっぱりまじめなコメントのかじやん、馴染めません(爆)

名無しさん

> ほんと怖いですね。
> 夜の単独釣行はより気をつけないと。
> 無事に帰れてこそ、楽しい釣りが成立するんですから無理は控えないとですね。




名前、ないですよ~(泣)

確かにシーズン的にも、人の多いところを避けての単独釣行は、何かあったらえらいことです。

「何かあったら・・・」は、決して大げさな話ではないと思います。

自然を前にすると人間は本当にちっぽけですので、無理をしないが鉄則ですね。

無事帰ってこれるなら、釣れないことなんて、本当にどうでも良いことと思うようになります。

と、釣れない時の言い訳しときます(笑)

コメントありがとうございます<(_ _ )>

ひろさん

> 落ちた方の安否が気になりますが・・・。
> 私も何度か落水しかけたり、波で身体が浮いたりという経験をしました。
> 直後は気をつけるんですが、時間が経つとついつい油断してしまいます
> 安全第一で遊ばないといけませんね。



実は次の日に聞いたんですが、釣り人ではなかったようです。

ただ、心肺停止で搬送され、蘇生はしたらしいですが、その後はわかりません。

無事ならいいんですけど。

ウェーディングも波っけがあったら下がまったく見えないし、波に押されて不用意に立ち位置を変えた瞬間に大きな石があった!なんてむっちゃ怖いですけど、よくあることですよね(゚Д゚;)

今のところこけたことはないですが、結構な確率で危ういことはあります。

これからのメバルシーズン、安全第一でデカいの狙いましょう!
プロフィール

タコちゃん

Author:タコちゃん
ライトルアーフィッシングやエギング、オクトパッシングから投げ釣りまで食材探しの旅に出ています。

釣研 第2回釣りブログコンテスト
釣研 第2回釣りブログコンテスト








blogram投票ボタン


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
過去記事
月別アーカイブ
検索フォーム
メールお待ちしてます!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問いただき<(_ _ )>






お気に入り
オススメ♪
RSSリンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。